1926年~今年(2017年)までの
4桁の半角数字を入力してください。
猫の飼い方
リニューアルいたしました。

凶日がいっぱい…

 最近はメールの質問に答えるケースが続いておりますが、今回もそれに近い乗りで言ってみたいと思います。

  「宿曜占星術の日の吉凶は、厄日ばかりだ。」「書いてあるのことが本当ならば、恐ろしい」などというメールをいただきます。私としては、日の吉凶に関して その内容を変更するなどは宿曜師として出来ませんし、六害宿を除けば「恐ろしい」までのイメージを持っていまいせんでした。でも、人によっては確かに「怖 い」というイメージを持たれるのかもしれませんね。
 web をご覧になっていただけると解りますが、宿曜占星術は宿曜経という密教(仏教の一つ)の経文です。ですから、宗教色というものが非常に色濃くあります。
  日の吉凶の中では最大イベントである「六害宿」。滅多に現れないのですが、これは凶悪です。そして六害宿の厄災から逃れる術として、「南無観世音菩薩」と 東の空に向かって唱えるという教えがあります。「東の空」とは菩薩様がいらっしゃる方向で、仏壇に向かって祈ることも推奨されています(この方法は仏壇の 無いご家庭が増えていることと、宗教的なイメージがあるので web では書いていません)。
 私が推測するに「南無観世音菩薩と三回唱えると六害宿の厄災から逃れられる」というのは、観音信仰の「その名をとなえれば七難をまぬがれ、礼拝すれば財を蓄え福をなす」というところからきたものではないかと思います。本来的には日常的に手を合わせることなのでしょう。
宿曜占星術 sukuyou.com に拍手を送る!(占いカフェ)
このサイトを気に入って頂けたら、リンク先の「ENTER」をクリックして投票をお願いします!。(当然、無料)
皆様の応援に支えられて、このサイトは運営されております。ありがとうございます。